*

解体工事と産業廃棄物

建物を解体する場合、必ずついてくるのが産業廃棄物です。

一時期産業廃棄物を違法投棄する業者が問題になったことがあります。

その後産廃処分の基準もかなり厳しくなり、現在では多くの業者はマニフェストにそって処理を行っていると思います。

しかし、今でも違法な処理をしている業者も少なくないようです。

建物の解体で発生した産業廃棄物は、解体業者が自社で処分する場合と、別の処分業者に依頼するケースがあります。

どちらのケースにしてもしっかりとマニフェストに沿って処分をしているか確認することが重要です。

解体業者にはマニフェストを見せてもらうようにすれば、しっかり処分をしているかどうかはわかります。

ここがしっかりできているかどうかも、解体業者の質を見極める大きな基準になります。

もし、自分の依頼した業者が違法な処理をした場合、発注した側にも責任が問われる可能性があります。

人生の中でも解体業者に依頼することは何度もないことだと思います。

だからこそ、しっかと解体業者を選ぶことが重要になります。

解体工事の原状回復について



コメントする