*

髪って何でできている


今日は行きつけの美容院
南船橋で美容室を探しているならここ
髪の毛に関する豆知識を知りました。

髪は主にタンパク質からできています。

このタンパク質を分解して行くとアミノ酸という小さい単位になるのです。

アミノ酸が2から100個集まるとポリペプチド(PPT)になります。

またアミノ酸が100個以上集まるとタンパク質になります。

人間の体を作るアミノ酸は20種類ですが組み合わせによって約10万種類のタンパク質ができるのです。

10万種類のタンパク質は大きく二つに分類され

髪、爪、肌の角質層の硬いタンパク質(ケラチン)

肌、内臓、アキレス腱など柔らかいタンパク質(コラーゲン)。

というものでできています。

そのことから髪は海苔巻きのような形をしていて

ご飯にあたる部分をコルテックスと呼びますがこれが髪の健康状態を大きく左右しているんです。

髪のコルテックスには繊維状のタンパク質とこれを束ねる間充物質があります。

たくさんの繊維を間充物質が接着剤のような役目を果たして髪を成り立たせているのです。

髪の中に間充物質がしっかり入っていれば

うるおいや弾力性があり健康といえる状態です。

この間充物質がキューティクルの隙間から流れ出てしまうと髪の保湿性、弾力性が失われてしまいます。

間充物質はケラチンタンパク質の中でも

柔らかい性質で外からの影響や化学反応を受けやすいデリケートな存在です。

髪は毛先に行くほど沢山の影響受けて間充物質の量が減っているのです。

カラーもパーマも間充物質がきちんとあって初めてきれいに作用します。

とても大事な役目を持っているようです。



コメントする